書道と習字は違います

私は書道を独学でやっています。
小学生の頃から興味があり、教室に通っていたわけではありませんが、書道を習っていた人よりも筋が良いと学生時代はよく先生に言われていました。
高校の頃、選択授業で書道をとっていたのですが、その時の担当の先生から、小筆のセンスはいいから機会があれば続けた方がよいとアドバイスをもらい、漠然と学びたいと思っていました。
それからはや25年近く経った今、偶然地元の新聞社主催の書道冊子の存在を知り、独学でも学べるというので、定期講読して続けることにしました。
学生時代の感覚で簡単に考えていたのですが、成人書道は単に手本を真似するだけでなく、その書に適した紙や筆、墨の色から文字の空間まで作品としての要素が大きく、独学で学ぶことの難しさを痛感しています。
苦戦しつつも月例作品を提出する中で秀作に選ばれると嬉しいもので、それを励みに毎月頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です